忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/18 じあん]
[03/18 ちま]
[03/17 じあん]
[03/17 カワ]
[11/30 じあん]
プロフィール
HN:
流風慈安
性別:
非公開
自己紹介:
真紅今川 野良専門学校所属。

耐久魅力振りの盾僧兵です。

城下町:唐嶺


ブログ内検索
カウンター
お約束
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。


誤字脱字あったり、文法が変でも気にしたら負けですよ、きっと。書いてる奴がいい加減極まりないですし。
No.83 No.82 No.81 No.80 No.79 No.78 No.77 No.76 No.75 No.74 No.73
2017-10-24(Tue)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009-02-27(Fri)
上覧1日目
こんにちは。僧兵です。
上覧はじまりましたね。



今回はチームDosMosにお邪魔させてもらっております。
初日はこんな感じでした。ぼくの戦闘スタイルは盾風味。

一戦目 軍兵法鉄刀修典 vs 軍士法暗刀修巫
二戦目 軍兵道法刀修典 vs 軍士仏仙鉄医古
三戦目 軍兵法鉄刀修典 vs 士密古仙修修雅
四戦目 軍兵法鉄刀修典 vs 芸士士密仙修神

だったかしら。相手の特化は覚えてないとかあったりゲッフンゲッフン。
では感想を。

一戦目:特に苦戦することもなく勝利。刀が鉄砲持ちだったけど攻撃することもなく、誘い込みもしてこなかったことから修正されたの知らなかったとかもありうる・・・のか?

二戦目:フルボッコにされました。途中までは五分五分だったんだけど、こちらの修験さん落とされて一気にあちらのペースへ。仙が固定されてるかどうかの確認を怠って行動してしまったせいで回復一手遅れて間に合わず・・・なパターン。反省。

三戦目:アタック1盾1だし何とかいけるかとか開始前思ってたら、凶方>音響で修験二人が裏鬼門連打してきたり、それだけでじわじわ生命減っていき気合も回復せず完封されちゃいそうな勢いになりました。合掌入れるも連打してくるので関係なしという・・・ このままでは負けるなぁと思ってたのですが、一回チャンスの怒り開放+総攻撃の時にこちらの軍さんの一点がタゲミスり、しかもそれが旗だったというラッキーヒットで勝利。アタック多目の徒党はこことやるには相性よさそうだけど、うちらはきつかったw

四戦目:一番長く戦闘してた回。向こうのアタックが芸なんで因果張りつつサポートへ。負けパターンは二戦目と同じでフルボッココース。今回は読んだ上で極楽が死にバー真後ろだったとかまじショボーン。



まとめての感想としては・・・陰陽強いね!今までと違って回復側は陰陽最優先で見ておかないとダメだなぁ。連れてなければ必中で存命も効果なしなんで、生命5000程度の人だと3回で乙ったりしちゃうからなぁ。やっぱ、固定専門職は徒党に必須すねこれ’’ チームDosMosにも専門の鎧さんいるんだけど・・・寝てたみたいw
なんか党首さんとかメンバーがすごい怖いこと言ってたんで、今日の夜フルボッコになってませんようにとだけ祈っておこう。
PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    TRACKBACK
    • この記事のURLとトラックバックURLです。
    • 必要に応じてご使用くださいませ。
    この記事のURL▽
    この記事のトラックバックURL▽
    No.83 No.82 No.81 No.80 No.79 No.78 No.77 No.76 No.75 No.74 No.73

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]